金額のことを考えなければ、当然、注文住宅の方が良いです。間取りが自由ということもありますが、住宅には性能やアフターサービスなど、いくつものポイントがあり、金額に応じて自分の納得のいくものを購入することができます。

それでは、金額はどれぐらい違ってくるのでしょうか?戸建ての場合は、

物件価格+10%

が非常にざっくりとした購入価格です。また、30坪程度の住宅の場合、各種諸経費を入れた建物にかかる費用は1500万円程度というのが相場です。つまり、

戸建て:土地価格+1500万+全体の10%(その他の経費)

となります。一方、注文住宅の場合は、おおよそ

注文住宅:土地価格+坪単価×30坪+1000万(その他の経費)

となります。例えば、2000万円の土地があり、30坪程度の家を購入する場合、戸建てと坪単価40万円のローコストメーカーで比較すると、

  • 戸建て:3850万円(2000万+1500万+350万)
  • 注文住宅:4200万円(2000万+1200万+1000万)

程度になります。たいたい、350万ぐらいを追加することで、注文住宅を建てることができます。

ただ、注文住宅でせっかく建ててもあまりにローコストだと、住宅性能やアフターサービスは戸建てと変わらないなどがあり、注意が必要です。こだわりたいポイントがどこかを考えて検討していきましょう!